陰謀カレンダー6月27日 ys.jpg



大奥 - 女系帝国

日本の陰謀・逆転陰謀のシナリオ

大正天皇
誕生の翌年、皇室の風習により中山忠能の屋敷に里子に出された。この間、明治天皇は養育にほとんど口出しをしなかった。1885年(明治18年)3月、嘉仁親王は青山御所に戻ったが、弟宮の全員と妹宮のほとんどが薨去しており、年の近い兄弟姉妹が少なかった。そのため、嘉仁親王は家族と接する機会があまりなかった


貞明ていめい皇后
1884年(明治17年)6月25日、公爵九条道孝の四女として、生母・野間幾子の実家である東京府神田錦町に生まれた。道孝は明治4年に正室和子を亡くしており、幾子は道孝の側室だった。 同年7月、東京府東多摩郡高円寺村(現:杉並区)近郊の農家の大河原金蔵・てい夫妻に里子に出され、“九条の黒姫様”と呼ばれるほど逞しく育ったという。農家の風習のなかで育ち、栗拾いやトンボ捕りをするなど裸足で遊んだ。彼女が健康であることは、病弱な嘉仁親王(大正天皇)の妃となる大きな決め手にもなったようである。1888年(明治23年)には赤坂福吉町の九条家に戻る


照宮成子内親王てるのみや しげこ ないしんのう
1925年(大正14年)12月6日午後8時10分、皇太子・裕仁親王と同妃・良子女王(いずれも当時)の第1子として誕生。誕生時の身長は1尺6寸3分(=約49cm)、体重は873匁(=約3270g)。12月12日、命名の儀が行われ『易経』より「恒」を由来として「照宮 成子」と命名された。 大正天皇・貞明皇后の初孫として国民から盛大な祝福を受け、民間でもさまざまな祝賀が行われた。特に翌3月30日にはじめて参内し大正天皇・皇后と対面した際には、沿道に大勢の市民が集った。 皇太子夫妻の意向もあり、里子には出されず両親の元で養育される


control
web trackers